本文へスキップ

多様な植物遺伝子の機能解析と先端バイオテクノロジー研究

ようこそ、石川県立大学 生物資源工学研究所 植物遺伝子機能学研究室へ

植物遺伝子機能学研究室では、植物が持つ多様な構造遺伝子の機能を解明し、その遺伝子を利用して貴重な天然有機化合物や植物タンパク質を、効率的に植物または大腸菌に作らせるための先端(モダン)バイオテクノロジー研究を行っています。
産業上有用な天然有機化合物として、カロテノイド、セスキテルペン、高度不飽和脂肪酸等を合成する新規代謝系遺伝子を単離し、機能解析を行ってきました。そして、解明された有用遺伝子を植物または大腸菌に導入し適切に働かせます。植物宿主としては、レタス(葉緑体への直接導入)、ゼニゴケ、ナタネ(菜種)、アマ(亜麻)といった多様な植物種を扱う技術があります。また、ウイルスベクターにより、有用な植物タンパク質をタバコ培養細胞等の植物で高生産する技術があります。
このように、植物遺伝子機能学をテーマに、私たち人間の健康な暮らしに貢献する知見の発見や新しいバイオ技術の開発のため、日夜研究に従事しております。

NEWS新着情報

2017年10月
業績ページメンバーページを更新しました。
2016年4月
業績ページメンバーページを更新しました。
2016年1月
三沢教授の研究内容ページ業績ページメンバーページ修士・博士課程学生募集ページアクセスページを更新しました。
2014年11月7日
ホームページをオープンしました。